メディア文化を読み解く技法

カルチュラル・スタディーズ・ジャパン

メディア文化を読み解く技法
著者 阿部 潔
難波 功士
出版年月日 2004/06/10
ISBN 9784790710592
判型・ページ数 4-6・300ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 絶版

この本に関するお問い合わせ・感想

身の周りに溢れる「不思議」と「驚き」が見えてくる! メディア/文化の二重性に注目しつつ、理論と実証の二つの側面からメディア文化の現在を読み解く。若手執筆陣による「使える教科書」の試み。「キーワード解説」「文献解題」を付す。
プロローグ 「メディア文化」とはなにか[阿部 潔]
●Part I 見せる/隠す ― 「身体」のメディア文化 ―
 第1章 広告/身体/アイデンティティ[難波功士]
 第2章 ビフォー/アフターなき整形 ― 過程としての自己・妄信する自己[谷本奈穂]
 キーワード解説 集合的イマジナリー/間テクスト性/表象/主体/アイデンティティ
●Part II 描く/伝える ― 「表現」のメディア文化 ―
 第3章 「異民族」の〈博覧〉 ― 博覧会/博物館と「異文化理解」のポリティクス[福間良明]
 第4章 アニメの表現世界[山里裕一]
 キーワード解説 ナショナリティ/発話の位置/ハイパーリアル/物語消費論/物語から非物語へ
●Part III 繋がる/離れる ― 「メディア・コネクション」のメディア文化
 第5章 現実から物語へ/物語から現実へ[前田至剛]
 第6章 メディアの生涯 ― ローカルな音声を担う人々の物語[坂田謙司]
 キーワード解説 擬似イベント/現実/物語/メディアの本質論とソシオ・メディア論/メディアとローカル/メディアの担い手
●Part IV 闘う/守る ― 「スポーツ」のメディア文化 ―
 第7章 メディアの中のスポーツとジェンダー ― 「女子マネージャー」という物語の誕生[高井昌史]
 第8章 スポーツにおける「男同士の絆」 ― ホモソーシャルな関係の意味するもの[阿部 潔]
 キーワード解説 ジェンダー/セクシュアリティ/異性愛/同性愛/スポーツとマッチョさ/「文明化」と格闘技
●文献解題 
エピローグ 何のための「読み解く技法」なのか[難波功士]

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加