広告のクロノロジー

マスメディアの世紀を超えて

広告のクロノロジー
著者 難波 功士
ジャンル メディア・マスコミ
出版年月日 2010/01/20
ISBN 9784790714477
判型・ページ数 4-6・296ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

デジタル化、ネットワーク化、モバイル化 ― メディア環境が激変するなか、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌のマス4媒体上の広告は朽ちつつあるのか。過去と現在を同時に見据え、未来への胎動を探る、世紀を超えた年代記。
●第一部 広告史の諸相

1 広告の生まれるところ
2 ポスターの社会空間
3 戦前の関西広告史をめぐって
4 昭和前期の『広告界』
5 広告賞の政治学
6 プロパガンディストの読書空間

●第二部 広告の現在に向けて

7 画期としての一九五一年
8 広告クリエイティヴにおける二つのビッグバン
9 広告/身体/アイデンティティ
10 広告を文化として語る社会 ― 日本の一九七〇~八〇年代を題材として
11 日本のテレビCMの困難をめぐって
12 アジア消費社会と広告

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加