人と魚の自然誌

母なるメコン河に生きる

人と魚の自然誌
著者 秋道 智彌
黒倉 寿
ジャンル 環境・科学
出版年月日 2008/03/31
ISBN 9784790713241
判型・ページ数 4-6・294ページ
定価 本体2,300円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

チベットに源を発し、インドシナ半島を貫く母なる大河。そこには1センチに満たないコイの仲間から、3メートルにもなるオオナマズまで、1200種を超える魚が棲むという。魚と人は、どんな関係を築いてきたのか。最新の調査をふまえて描く。
序 メコンの魚と人  秋道智彌・黒倉 寿

第I部 魚と暮らす
第1章 平野の暮らしと魚  池口明子・野中健一
第2章 湖の人と漁業  堀 美菜
第3章 鵜飼漁の生態史  秋道智彌
第4章 メコンの柴漬漁  橋村 修
第5章 都市の暮らしと魚のすみか  田口理恵

第II部 魚を食べる
第6章 小規模養殖と人びとのかかわり  山田紗英子・石川智士
第7章 魚食とその変容  友川 幸
第8章 淡水魚と寄生虫  矢島 綾
第9章 海産物消費と食の安全  石川智士・佐野幸輔・塩田知恵子

第III部 魚を守る
第10章 魚類の多様性と保全  高木 映
第11章 トンレサープ湖の水産資源と管理  榎本憲泰・石川智士
第12章 イン川の漁場管理のロジック  大西秀之
第13章 資源管理とメコン開発  秋道智彌
第14章 途上国における水産養殖普及  枝 浩樹・池ノ上宏・茶木博之

文献リスト/索引/執筆者紹介

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じジャンルの商品