実践日本語教育を学ぶ人のために

実践日本語教育を学ぶ人のために
著者 佐々木 瑞枝
ジャンル 日本語・日本文学
テキスト > 日本語・日本文学
シリーズ 学ぶ人のために
出版年月日 2011/11/30
ISBN 9784790715429
判型・ページ数 4-6・282ページ
定価 本体2,200円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

献本のお申込

外国人に日本語を教えて三〇年になる著者が、日本語教育の指導現場を公開する!――初級・中級・上級それぞれの指導法を「授業展開例」「授業のポイント」などにフォーカスして実践的に解説する。実践の背後に確かな理論があるユニークな一冊。
まえがき
 日本語教育を実践的に指導するために

第1章 初級表現のポイント

1 「います」「あります」の使い分け
2 「~おきに」の指導
3 敬語の使い分け
4 「~くらい」「~ほど」の使い分け
5 イ形容詞・ナ形容詞の指導
6 「~するばかり」「~したばかり」の指導
7 可能形の指導
8 「~まで」「~までに」の指導
9 「~間」「~間に」の違い
10 「~うちに」(~前に)の指導
11 過去の経験・現在の習慣・形式名詞の指導
12 自動詞・他動詞の指導
13 「あまり(に)~」の指導
14 アクセントとイントネーション
15 受身形の指導
16 複合動詞のアスペクト
17 原因・理由の表し方
18 「上」と「下」の意味するもの
19 「~くせに」の意味するもの
20 「~わけです」の意味・用法
21 「~ように」「~ような」の意味・用法
22 話し手の主観を表す表現:モダリティ
23「しっかり」の意味・用法
24 「はっきり」の意味・用法
25 授受補助動詞の指導
26「尊大使役」「謙譲使役」の意味・用法
27 条件文の意味・用法
28 原因・理由・根拠を表す「~から」「~ので」
29 日本語教育と異文化コミュニケーション論
30 日本語の語彙と意味

第2章 中級表現のポイント

1 「可愛がる」と「甘やかす」
2 「親切」と「おせっかい」
3 「積極的」と「でしゃばり」
4 「正直」と「ばか正直」
5 「にぎやか」と「うるさい」
6 「休む」と「さぼる」
7 「ほめる」と「おだてる」
8 「勤勉」と「働きすぎ」
9 「安い」と「安っぽい」
10 「大胆」と「むこうみず」
11 「のんびり」と「のろい(ぐず)」
12 「はきはき」と「ずけずけ」
13 「見える」と「見られる」
14 「冷ます」と「冷やす」
15 「栄転」と「左遷」

第3章 上級表現のポイント

1 言いさし表現のいろいろ
2 終助詞の指導
3 同音異義語の指導
4 同訓異字語の指導
5 比喩表現の指導
6 特殊表現(役人言葉を例に)

第4章 日本語の中のジェンダー表現

1 侍―サムライ
2 才色兼備
3 一匹狼
4 雄々しい
5 おふくろ
6 オヤジ
7 キツネ
8 ババ抜き
9 悪妻・良妻
10 英雄
11 看板娘
12 鬼婆
13 玉の輿
14 君子
15 芸者
16 主人・家内
17 奥さん・おかみさん
18 「女は愛嬌、男は度胸」
19 男泣き
20 女手・男手

あとがき

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連書籍

同じジャンルの商品