「近代家族」とボディ・ポリティクス

「近代家族」とボディ・ポリティクス
著者 田間 泰子
ジャンル 社会
出版年月日 2006/12/10
ISBN 9784790712220
判型・ページ数 A5・310ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 在庫僅少

この本に関するお問い合わせ・感想

「少子化現象」を根源的に問い直す ─ 戦後の家族計画運動によって、我々はなにを得てなにを失ったのか。女性たちの身体に起きた社会変化の過程、言説の具体化としてのボディ・ポリティクスを複眼的に捉え、近代家族論に新たな光を当てる。
まえがき
序 章
第1章 戦後日本の「人口転換」と家族計画
第2章 医療・マスメディアと生殖の統制
第3章 生殖を統制しようとする多様な動き
第4章 日本鋼管と他の企業
第5章 日本国有鉄道の家族計画運動
第6章 国鉄の各鉄道管理局・支社
終 章 家族計画運動の多重的意味
あとがき

文献およびインタビュー・リスト
付表
索引

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じジャンルの商品