宗教多元主義を学ぶ人のために

宗教多元主義を学ぶ人のために
著者 間瀬 啓允
ジャンル 哲学・思想・宗教
テキスト > 哲学・思想・宗教
シリーズ 学ぶ人のために
出版年月日 2008/12/10
ISBN 9784790713760
判型・ページ数 4-6・334ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

献本のお申込

プルーラリズム(多元主義)の時代に宗教はどうあるべきか。宗教理解にはパラダイム変換をもたらし、未来世代には行動指針「アジェンダ21」を提示する宗教多元主義とは、どのような思想か。その基本的な考え方をさまざまな角度から検証する。
はじめに(間瀬啓允)

■I 宗教多元主義は宗教をどう捉えるか
 1 現代の要請としての宗教多元主義(保呂篤彦)
 2 宗教多元主義の位相(岸根敏幸)
 3 宗教多元主義のもつ仮説性(若林 裕)

■II 宗教多元主義は何でないか
 1 宗教多元主義は日本人の無宗教的現状を肯定するイデオロギーではない(西谷幸介)
 2 宗教多元主義は宗教を相対化するものではない(山梨有希子)
 3 宗教多元主義はキリスト教を擁護するためのものではない
― グローバル倫理を目指すもの ― (郷 義孝)

■III 宗教多元主義をどう見るか
 1 イスラーム研究から見た宗教多元主義(塩尻和子)
 2 キリスト教研究から見た宗教多元主義(笠井惠二)
 3 仏教研究から見た宗教多元主義(高田信良)
 4 日本の新宗教から見た宗教多元主義(島薗 進)

■IV 宗教多元主義からの「アジェンダ21」
 1 信仰告白(稲田 実)
 2 宗教間の対話と共生
― エキュメニカルな視座から ― (神田健次)
 3 平和への実践(斎藤謙次)
 4 死の看取りとスピリチュアリティ(坂井祐円)
 5 愛と救済
― 遠藤周作『深い河』 ― (長谷川(間瀬)恵美)

■V 宗教多元主義の新しいシナリオ
 1 インターレリジアス・エクスピアリアンスの学(濱田 陽)
 2 宗教的多元社会の成熟に向けて
― 多元主義モデルの原理採択 ― (間瀬啓允)
 3 宗教教育
― 新時代への模索 ― (津城寛文)

私の薦めるこの一冊 ― 宗教多元主義を学ぶ人のために ―
おわりに(間瀬啓允)

人名索引・事項索引

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連書籍

同じジャンルの商品