『エイサー物語』の著者・塚田健一さんが『日本経済新聞』に寄稿されました

民族音楽学者の塚田健一さんが、6月6日付『日本経済新聞』文化面に寄稿されました。

見出しは「移り、変わるエイサー 沖縄伝統の盆踊りに見る文化のフュージョン」で、著書『エイサー物語』と重なる内容です。

アフリカ音楽の専門家である塚田さんが、沖縄に関わった動機とは何だったのでしょう。

また、もともと沖縄の盆踊りだった「エイサー」が沖縄の外へと伝播・拡散する過程で何が起きたのでしょう。

最後にはエイサーを踊った人たちの個人名、具体例を挙げつつ、文化がフュージョン(融合)する潮流について書かれています。

詳しくは、『エイサー物語――移動する人、伝播する芸能』をぜひご覧ください。

カテゴリ別お知らせ

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加