『広辞苑はなぜ生まれたか』が『図書新聞』で書評されました!

「家庭的な、好々爺ぶりを披露する面、女優の大ファンになるというユーモラスな面がうかがえ、本書は、碩学の、人間味あふれる新村出を立体的に描き出している」(安光裕子氏評『図書新聞』2018年4月21日)。

図書新聞

カテゴリ別お知らせ

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加