現代の社会紛争

現代の社会紛争
著者 ラルフ・ダーレンドルフ
加藤 秀治郎
檜山 雅人
ジャンル 社会
シリーズ 世界思想ゼミナール
出版年月日 2001/01/10
ISBN 9784790708513
判型・ページ数 4-6・360ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

血なまぐさい時代でありながら、きわめて多くのライフ・チャンスを開拓した二十世紀をどう総括するか。現代の社会紛争について考察し、戦略的変革の方向性を模索する。ポパー、ウェーバーの系譜につらなる大物社会学者による社会科学の集大成。
翻訳にあたって ― 訳者まえがき
まえがき
第一章 革命とライフ・チャンス
 一 近代性の二つの顔/二 〈請求権〉と〈供給〉
 三 政治と経済/四 ライフ・チャンス
第二章 公民的地位と社会階級
 一 不平等、支配、階級闘争/二 公民的地位の始まり
 三 T・H・マーシャルのテーゼ/四 公民社会
 五 可能な世界で最も善い世界とは?
第三章 産業社会における政治
 一 変革の要因と動機
 二 マックス・ウェーバーと現代政治の問題
 三 混合的な政体について ― 現存する自由
第四章 全体主義の誘惑
 一 幻想の終焉/二 全体主義/三 独裁と単純な基準
第五章 栄光の三十年
 一 レイモン・アロンの世界/二 収斂、社会主義、現実の多様性
 三 民主的階級闘争/四 一九六八年
第六章 成長の限界
 一 粉々になった世界秩序/二 経済成長をめぐる論争
 三 新たな不透明性/四 ほんとうに脱工業社会なのか
第七章 階級闘争以後の紛争
 一 失 業/二 定義の問題(1) ― 最下層階級
 三 定義の問題(2) ― 公民と分離主義者
 四 アノミーの危険
第八章 新しい社会契約
 一 一九九〇年代初頭のヨーロッパ/二 自由主義者の政治課題
 三 青年に向けた講演の覚書/四 世界公民社会
 五 戦略的変革について
注/索引/著者紹介

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じジャンルの商品