アメリカと日本の奇跡

国際秩序と戦後日本の経済成長1950-60

アメリカと日本の奇跡
著者 A.フォースバーグ
杉田 米行
ジャンル 歴史
出版年月日 2001/06/15
ISBN 9784790708773
判型・ページ数 4-6・288ページ
定価 本体2,300円+税
在庫 在庫僅少

この本に関するお問い合わせ・感想

日本が復興から高度経済成長へと転換し、現今「システム」の基礎が形成された1950年代 ― 豊富な一次資料から、高度経済成長と日本型資本主義を生み出した国際的要因に重点を置きつつ日米の同盟関係と日本の経済復興を総合的に理解する。
日本語版への序文/略語一覧/はじめに
第1章 イントロダクション
 本書の論点とテーマ/米国の戦略と日本経済復興の問題
 自由主義経済秩序への道/日本の奇跡
第2章 「日本を我々の側に留める」
 競合する封じ込め戦略/ダレスと政策合意の探求
 米国内の合意形成に向けて
 講和条約と日米安全保障条約の交渉/未解決の問題/結論
第3章 平時の経済
 平和構想/改革と「逆コース」/講和条約交渉
 日本の賠償負担の軽減と東南アジアとの結び付き
 中国問題/日本のガット加入に向けて/結論
第4章 朝鮮戦争と対中禁輸政策
 「天佑」/輸出統制と対中貿易/不承不承の同盟国
 朝鮮戦争/「事実上の禁輸」/米国議会の提案
 占領の終結/日本のココム加入/結論
第5章 米国の通商政策をめぐる確執、1953年
 政策コースの設定/国内における共和党の謀反
 予算と通商政策に関する論争、1953年
 日本とガットに関する会期間委員会
 日本のガットへの仮加入、1953年/ランダル報告書の準備/結論
第6章 西側通商ブロックへの日本の統合、1954-56年
 議会における通商論争再開、1954年/貿易促進
 対中貿易統制の継続/対日関税交渉の準備
 西側市場への日本の参入拡大の闘い/1955年の通商協定延長法
 1955年関税交渉と日本のガット加入
 「第4回」関税交渉と日本の35条問題/結論
第7章 統合の限界―外国からの対日直接投資
 1945年までの歴史的背景/占領と政府権力の強化
 1953年、友好通商航海条約交渉/多国籍企業の成長
 海外投資に関する米国の政策/技術移転/際限のない対話/結論
第8章 高度経済成長と貿易摩擦、1955-60年
 冷戦の変化と日米関係/綿織物産業における競争
 綿織物に対する日本の自主輸出規制/「中国格差」の解消
 米国市場/日本の輸入/結論
エピローグ

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連書籍

同じジャンルの商品