日常的実践のエスノグラフィ

語り・コミュニティ・アイデンティティ

日常的実践のエスノグラフィ
著者 田辺 繁治
松田 素二
ジャンル 人類学・民俗学
出版年月日 2002/09/20
ISBN 9784790709503
判型・ページ数 A5・382ページ
定価 本体3,900円+税
在庫 絶版

この本に関するお問い合わせ・感想

社会システムの変革をも可能にする、ダイナミックな力を秘めた慣習的行為を徹底して洞察し、何気ない日常的実践へのパラダイム・シフトを促す。新たな人類学の創造を志す、国立民族学博物館の学際的共同研究の成果。
日常的実践のエスノグラフィ〔田辺繁治〕
第一部 実践としての語り
 想起の発達史〔高木光太郎〕
 身体化された思考〔菅原和孝〕
 語る身体、分裂する主体〔床呂郁哉〕
第二部 実践するコミュ二ティ
 問題系としての実践コミュニティ〔當眞千賀子〕
 武術教室における身体技法の習得〔倉島 哲〕
 外科医のユートピア〔池田光穂〕
 権力を生みだすコミュニティ〔高城 玲〕
第三部 実践のなかのアイデンティティ
 アイデンティティの識別不能地帯で〔箭内 匡〕
 硬直する身体〔西井凉子〕
 HIVとともに生きる主体〔佐藤知久〕
 自己イメージの再構築〔平井京之介〕
 石工職人の世界における技能とアイデンティティ〔松田素二〕
 主体からエージェントのコミュニティへ〔田中雅一〕

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じジャンルの商品