異文化コミュニケーションを学ぶ人のために

異文化コミュニケーションを学ぶ人のために
著者 細谷 昌志
ジャンル 社会
シリーズ 学ぶ人のために
出版年月日 2006/03/01
ISBN 9784790711636
判型・ページ数 4-6・296ページ
定価 本体2,300円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

グローバル化が進む一方で言語や宗教、民族性に根ざした地域研究が欠かせない今日、多様な異文化接触の具体的・個別的事例を比較探究することにより、外国語教育・研究の目的である「異文化インターフェイスする能力」の基盤を明らかにする。
●序 多文化共生のための異文化コミュニケーション[細谷昌志]

●第I部 異文化共存時代の外国語学
 1 認知言語学と異文化理解[杉本孝司]
 2 異文化間語用論と外国語教育[山崎直樹]
 3 多言語社会における国語教育[山根 聡]
 4 キリスト教図像解釈学と外国語教育[林田雅至]
 5 日本語教育から見た異文化理解[真嶋潤子]
 6 コミュニケーションを阻害する音声特徴 ― ことばの壁とは[岩井康雄]

●第II部 異文化接触の歴史
 1 自己と他者の贈与論 ― ギリシア人と異民族[橋場 弦]
 2 キリシタン時代の翻訳[米井力也]
 3 多文化社会の諸相 ― モンゴル時代(十三~十四世紀)の東アジア[堤 一昭]
 4 ヨーロッパの都市空間 ― 近世フランス都市の場合[阿河雄二郎]

●第III部 異文化接触の現在
 1 市を遊ぶ[森栗茂一]
 2 「ボーダーレス」社会の誕生か ― 国境の壁と国民国家[竹内俊隆]
 3 現代中国音楽とのコミュニケーション[古川 裕]
 4 「おしゃべり」の意義とその文化差[郡 史郎]
 5 幻想としての「異文化」[奥西峻介]

あとがき[細谷昌志]

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じジャンルの商品