ポーランド学を学ぶ人のために

ポーランド学を学ぶ人のために
著者 渡辺 克義
ジャンル 外国語・外国文学・芸術
テキスト > 外国語・外国文学・芸術
シリーズ 学ぶ人のために
出版年月日 2007/03/01
ISBN 9784790712459
判型・ページ数 4-6・358ページ
定価 本体1,900円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

献本のお申込

近世~現代の歴史から、政治・経済、宗教、文学、エスペラント、音楽、美術、映画、日本における研究史まで、ポーランド研究のエッセンスがぎっしり詰まった「ポーランド学」総合入門書。あなたはどれだけポーランドについて知っていますか?
ポーランド学への誘い[渡辺克義]
第1章 多民族の共和国[小山哲]
第2章 近世ポーランド「共和国」の政治文化[白木太一]
第3章 ポーランド国境をめぐる理想・構想・現実[安井教浩]
第4章 多民族国家からポーランド人国家へ[吉岡潤]
第5章 「体制移行」の15年間[家本博一]
第6章 ポーランドの選挙戦に関する若干の覚書
                [クシシュトフ・カロルチャク(浅野優訳)]
第7章 ポーランドのローマ・カトリック教会[家本博一]
第8章 近代初頭ポーランドの作曲家たち[白木太一]
第9章 ポーランド文学史[西野常夫]
第10章 ポーランドの知られざる文化的遺産 エスペラント[臼井裕之]
第11章 ポーランド美術史[加須屋明子]
第12章 ポーランド絵画の巨匠 ヤン・マテイコ[渡辺克義]
第13章 「ポーランド派」映画の日本での受容(1)[渡辺克義]
第14章 「ポーランド派」映画の日本での受容(2)[渡辺克義]
第15章 日本におけるポーランド研究
                [渡辺克義・西野常夫・白木太一・加藤久子]

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じジャンルの商品