ルターを学ぶ人のために

ルターを学ぶ人のために
著者 金子 晴勇
江口 再起
シリーズ 学ぶ人のために
出版年月日 2008/01/30
ISBN 9784790713036
判型・ページ数 4-6・278ページ
定価 本体2,300円+税
在庫 品切れ・重版未定

この本に関するお問い合わせ・感想

ルター研究の今日的意義とはなにか ― 変革の時代を生きたルターの思想と行動を、キリスト教会の範囲を超えて、歴史学、人間学、社会学、政治経済学、教育学、医学等の多角的視座のもとに解明し、新時代を創造した新しいルターの姿を描き出す。
はじめに[金子晴勇]

I 生涯と仕事
 1 前史 ― 歴史的背景[永田諒一]
 2 求道の歩み[立山忠浩]
 3 改革者としての仕事[鈴木 浩]
 4 大学教授と教会形成[徳善 義和]
II 思想の対決と形成
 1 時代思潮[金子晴勇]
 2 宗教改革的認識の開眼[江口再起]
 3 新しい神学の形成[江口再起]
 4 聖書の新しい読み方[竹原創一]

III 思想の根本問題
 1 十字架の神学[鈴木 浩]
 2 義認[竹原創一]
 3 教会[石居正己]
 4 世界[倉松 功]

IV 人間と文化
 1 神と人との関係[宮庄哲夫]
 2 自由と良心[金子晴勇]
 3 職業と社会[金子晴勇]
 4 生と死[石居基夫]
 5 学校教育[菱刈晃夫]

V ルターの影響
 1 文化に対する影響[江口再起]
 2 教会に対する影響[倉松 功]
 3 研究史[徳善義和]

ルター略年譜[金子晴勇]

人名索引

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加