グローバリゼーションと暴力

マイノリティーの恐怖

グローバリゼーションと暴力
著者 アルジュン・アパドゥライ
藤倉 達郎
ジャンル 人類学・民俗学
出版年月日 2010/06/20
ISBN 9784790714552
判型・ページ数 4-6・270ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

「文明の衝突」ではない。「文明の殺戮」だ。国民国家が力を失い、人びとのアイデンティティーがゆらいでいる現在、暴力こそが不安を解消するための手段となる。文化人類学の巨匠が、テロや民族殺戮など、グローバル化の暗黒面と対峙する!
日本語版への序文

序文

第1章 民族の殺戮から理念の殺戮へ

第2章 衝突の文明

第3章 グローバリゼーションと暴力

第4章 少数の恐怖

第5章 わたしたちのテロリスト、わたしたち自身

第6章 理念の殺戮時代の草の根のグローバリゼーション

訳者解説

参考文献
索引(人名・事項)

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じジャンルの商品