『文化社会学界隈』が『産経新聞』で書評されました!

6月2日(日)、『文化社会学界隈』(井上俊)の書評が『産経新聞』に掲載されました。

評者は桃山学院大学准教授の長崎励朗さんです。
「我々が合理的だと信じている社会観そのものを揺さぶる」
「月並みな社会批判などよりはるかに強烈な毒を含んでいる」
「この毒こそが知的興奮をもたらす社会学の神髄なのだ」
と評してくださいました。ありがとうございます!

みなさまも、「安っぽい社会批判をはるかに超える知的興奮」をぜひ味わってください。

カテゴリ別お知らせ

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加