『ひきこもりと家族の社会学』の書評が『児童心理』7月号に掲載されました!

『ひきこもりと家族の社会学』の書評が『児童心理』7月号に掲載されました。
私たちが暮らしている日本社会とはどのような社会なのか、改めて考えさせられる」。
山本雄二先生、ありがとうございます。

カテゴリ別お知らせ

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加