電子書籍

所有と分配の人類学 (電子書籍)

エチオピア農村社会の土地と富をめぐる力学

所有と分配の人類学
フォーマット:
電子書籍 単行本
著者 松村 圭一郎
ジャンル 人類学・民俗学
出版年月日 2019/02/15
判型・ページ数 A5・338ページ
定価 本体4,600円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

人びとは、富をいかに分け与え、「自分のもの」として独占しているのか? エチオピアの農村社会を舞台に、「所有」という装置が、いかに生成・維持されているのか、緻密に描き出す。「私的所有」という命題へ人類学から挑戦する、気鋭の力作。『朝日新聞』2008年3月23日(日)朝刊に書評が掲載されました。「私有財産権を盾にして格差の拡大を看過し、すべてを自己責任に帰する主流派経済学者への痛烈な挑戦」高橋伸彰(立命館大学教授)。
はじめに 「わたしのもの」のゆらぎ
凡例

序論
 第1章 所有と分配の人類学
 第2章 多民族化する農村社会

第I部 富をめぐる攻防
 第3章 土地から生み出される富のゆくえ
 第4章 富を動かす「おそれ」の力
 第5章 分配の相互行為
 第6章 所有と分配の力学

第II部 行為としての所有
 第7章 土地の「利用」が「所有」をつくる
 第8章 選ばれる分配関係
 第9章 せめぎあう所有と分配

第III部 歴史が生み出す場の力
 第10章 国家の所有と対峙する
 第11章 国家の記憶と空間の再構築
 第12章 歴史の力

結論
 第13章 所有を支える力学


おわりに
参考文献
索引

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連書籍

同じジャンルの商品