新刊

進化する初年次教育

進化する初年次教育
著者 初年次教育学会
ジャンル 教育
シリーズ 単行本
出版年月日 2018/09/20
ISBN 9784790717225
判型・ページ数 A5・208ページ
定価 本体2,300円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

学びへの動機付けや学習技術の修得で、大学生への移行を支援してきた初年次教育。高大接続改革やアクティブラーニングの浸透でどう変わるのか? 政策動向から実践方法まで、多様化する初年次教育の全貌を描く。初年次教育学会設立十周年記念出版。
まえがき

第1部 高大接続改革と進化する初年次教育
1章 初年次教育研究の動向と課題──初年次教育学会における研究活動を中心に
  杉谷祐美子
2章 初年次教育と小中高の取り組み──多様性を活かすアクティブラーニングの可能性
  菊地滋夫
3章 多様化する高校と大学の教育接続──初年次教育における質の保証・向上に向けて
  川嶋太津夫   
4章 高大接続改革と初年次教育 
  濱名 篤   
5章 米国の高大接続から見た日本の課題
  山田礼子   

第2部 大学現場における初年次教育プログラム
6章 内蔵型の初年次教育──カリキュラムに初年次教育をいかに組み込むか
  岩井 洋
7章 学生の多様化と初年次教育・学生支援の連携──発達障がい学生の受け入れをめぐって
  西村秀雄・沖 清豪
8章 理工系分野における初年次教育と入試の改革――主体的な学生を育てるために
  塚越久美子・菊池明泰
9章 キャリア教育の現状と新たな取り組み
  藤本元啓   

第3部 初年次教育の実践的方法
10章 主体的・対話的で深い学びによる高大接続── LTD基盤型授業モデルの提案
  安永 悟   
11章 思考を鍛える初年次教育テキストの開発──アクティブラーニングによる授業展開
  井下千以子  
12章 心理学の枠組みを活かした学習スキル修得──「わかったつもり」をいかに崩すか
  藤田哲也   
13章 身体と心をひらくということ──身体知とコミュニティ
  横山千晶   
14章 初年次教育としてのライティング科目
  成田秀夫・山本啓一   
15章 不確定な未来を見通す技法── 2030年の初年次教育を教職協働で創るために
  田中 岳・立石慎治   

第4部 初年次教育学会のあゆみと会員調査
16章 初年次教育学会のあゆみ
  山田礼子・安永 悟   
17章 2015年度会員調査結果からみた初年次教育の現状と課題
  関田一彦   

索引

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加