〔新版〕社会政策を学ぶ人のために

〔新版〕社会政策を学ぶ人のために
著者 玉井 金五
大森 真紀
シリーズ 学ぶ人のために
出版年月日 2000/10/20
ISBN 9784790708438
判型・ページ数 4-6・282ページ
定価 本体2,100円+税
在庫 絶版

この本に関するお問い合わせ・感想

グローバル化、情報化、そして少子高齢化時代の社会的セーフティ・ネットをいかに構築すべきか。本書は、「雇用」「社会保障」「生活」の三領域より、雇用流動化、介護保険、男女共同参画、外国人などの諸問題も視野に収めて考察する
序 章 社会政策研究の系譜と今日的課題●玉井金五
  1 日本社会政策の伝統 2 戦後から70年代までの軌跡
  3 転機としての1980年代 4 新しい潮流のなかで
第I部 雇 用
 第1章 労働基準●大森真紀
  1 労働基準の出発点 2 労働基準の現状 3 労働基準の今後
 第2章 労働市場●井上信宏
  1 日本の労働市場政策の成立と展開
  2 石油危機以降の労働市場政策の変化
  3 経済環境の変化と新しい労働市場政策
 第3章 企業社会●木下 順
  1 企業社会という言葉 2 法人企業 3 人格管理
  4 資本自由化と「能力主義」 5 企業社会のゆくえ
第II部 社会保障
 第4章 年 金●玉井金五
  1 高齢社会と年金問題 2 85年改革の焦点
  3 89年改革の焦点 4 転機としての94年改革 5 課題と展望
 第5章 医  療●西村万里子
  1 医療保障システムの体系
  2 国民皆保険の確立と医療保障の形成・発展
  3 医療保障の見直し 4 介護の社会化と医療保障改革
 第6章 貧困線と公的扶助●吉村臨兵
  1 生活保護制度 2 不定住者と外国人 3 生活扶助基準の推移
  4 生活保護の「適正化」と扶養 5 今日の基本的ニーズ
第III部 生 活
 第7章 家族的責任●服部良子
  1 家族的責任 2 家族による労働力再生産
  3「労働力の女性化」と家族的責任 4 日本における家族的責任の展開
  5 今日の基本的ニーズ
 第8章 住  宅●寺中直人
  1 住宅問題と政府の役割 2 住宅という財の特質 3 住宅政策の根拠
 第9章 社会サービスと市民参加●堀越栄子
  1 制度を超えた自由な生活支援サービス活動
  2 市民活動が提起する「参加」
  3「参加」が提起する地方分権・協同・市民セクター
  4 参加型社会の政策基盤

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加