男らしさの社会学

揺らぐ男のライフコース

男らしさの社会学
著者 多賀 太
ジャンル ジェンダー
シリーズ 世界思想ゼミナール
出版年月日 2006/05/20
ISBN 9784790711919
判型・ページ数 4-6・238ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 品切れ・重版未定

この本に関するお問い合わせ・感想

家族のため? 会社のため? 国家のため? あるいは自分のため? 男たちは何のために生きているのか。その意味が揺らいでいる今、少年時代から定年後までの各段階を追い、不確かな人生を着実に捉え直す。男性と男性学の針路を探る注目作。
第1章 「男」をどう見るか? ― 男性学の視点と方法
第2章 学校でつくられる男らしさ ― 学業・スポーツ・生徒集団
第3章 大人の男への道筋 ― 青年期男性のアイデンティティ形成と葛藤
第4章 大人になれない男たち ― ポスト青年期のジェンダー関係
第5章 企業社会と男らしさ ― 能力主義の台頭と男声支配体制の再編
第6章 仕事と育児のはざまで ― 性別役割分業の揺らぎと父親の葛藤
第7章 第二の人生への軟着陸 ― 中高年男性の危機とその克服
第8章 男社会のゆくえ ― 男性運動の変遷とこれから

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連書籍

同じジャンルの商品