フェミニストカウンセリングの実践

フェミニストカウンセリングの実践
著者 井上 摩耶子
ジャンル ジェンダー
出版年月日 2010/11/30
ISBN 9784790714965
判型・ページ数 4-6・336ページ
定価 本体2,300円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

ジェンダー、男女共同参画の視点に立つ心理カウンセリング=フェミニストカウンセリングとは。 日本における歴史と理論・方法論を体系的にまとめる初めてのテキスト。 女性支援の現場、心理・福祉などの対人援助職にある人、めざす人必読の書。「ウィメンズカウンセリング京都」スタッフのブログにてご紹介いただきました。 ウィメンズカウンセリング京都☆スタッフblog ※ウィメンズカウンセリング京都(WCK)について 1995年9月に開設し、2006年に法人化された。現在15名のスタッフにより「女性による女性のための」フェミニストカウンセリング・ルームを運営している。さまざまな心理的困難や問題に対しては個人カウンセリングを実施し、グループ・アプローチとしては自己尊重・自己主張トレーニングなどを実施している。また、テーマを決めたフェミニストカウンセリング講座も定期的に開催している。 〒602-8027 京都市上京区衣棚通下立売下ル東立売町203 大京ビル2F Tel:075-222-2133 Fax:075-222-1822 ウィメンズカウンセリング京都HP
序 フェミニストカウンセリングの現在

●Ⅰ フェミニストカウンセリングの理論と技法
1 フェミニストカウンセリングとはなにか
2 フェミニスト認知行動療法
3 フェミニスト・ナラティヴ・アプローチ
4 フェミニスト・トラウマカウンセリング
5フェミニスト・グループアプローチ
  ― 意識覚醒グループ・自己尊重トレーニング・自己主張トレーニング

●Ⅱ フェミニストカウンセリングの実際
1 性暴力
  ― 強姦神話をめぐって
2 セクシュアルハラスメント
  ― 被害者の現実対応のサポート
3 ドメスティックバイオレンス
  ― 被害者への心理的支援とは
4 アディクション(依存症)
  ― 「命がけ」のメッセージ
5 子育て
  ― 「いい母親」からの解放
6 母娘関係
  ― 境界をめぐる葛藤

●Ⅲ フェミニストカウンセリングの歴史・現場・運動
1 日本におけるフェミニストカウンセリングの歴史
2 フェミニストカウンセリングの現場① フェミニストカウンセリングルーム
3 フェミニストカウンセリングの現場② 公的機関の女性相談
4 フェミニストカウンセリングの現場③ スクールカウンセラー
5 フェミニストカウンセリングの現場④ 意識覚醒(Consciousness Raising)グループ
  ― 部落解放運動に関わってきた女性たちの事例から
6 DV防止法、均等法改正から性暴力禁止法へ
  ― 女性に対する暴力をなくすために

●Ⅳ フェミニストカウンセリングとフェミニズム思想
1 フェミニズムの新展開
2 あらためて、「女」とは誰か
  ― クィア理論のまなざし
3 ジェンダー・アイデンティティの揺らぎと自己規定をめぐって
4 国家・民族の境界から考える
5 フェミニストカウンセリングのめざす地平

基本文献案内
索引

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じジャンルの商品